調べてみました

宮田村で栽培を始めた白ワイン用のぶどう「ミュラー・トゥルガウ」とはどんなぶどうなのか調べてみました。

ウィキペディアによりますと、ミュラー・トゥルガウ (Müller-Thurgau) は、19世紀末のスイスのトゥルガウ州で生まれ、ドイツのヘルマン・ミュラー博士によって育種、開発された品種で、収量は多いが酸味には比較的乏しいリースリングとシルヴァーナーの交配から生まれたと伝えられるが、これを否定するDNA解析結果も報告されており、それによるとシルヴァーナーではなく、ドイツで「グーテーデル」と呼ばれる「シャスラ」種であった可能性が高いという。生誕の地よりもむしろ、より比較的新しい産地で結果を残している品種である。日本でも北海道や山形、山梨などで栽培されている。とあります。

比較的新しい品種なんですね。

出来れば今年の宮田白ワインを飲んでみたいものです。

食ごころ

TEL:0265-98-7048

FAX:0265-98-7148

Loading