22日は冬至です

  冬至は、一年で一番 昼間が短い日ということで、この日は一年で最も夜が長いということになります。そのため、昔は冬至の日は「死に一番近い日」と言われており、現在で もその厄を払うためにかぼちゃを食べ,柚子湯に入って体を温めることで、栄養(かぼちゃはビタミンAやカロチンが豊富なので、風邪や中風予防に効果的ですをとり無病息災を願う風習が続いています。

  冬至は太陽の力が一番弱まった日であり、この日を境に再び力が甦ってくることから、陰が極まり再び陽にかえる日という意の一陽来復(いちようらいふく)といって、冬至を境に運が向いてくるとしています。

つまり、みんなが上昇運に転じる日なのです!

 インフルエンザも流行りだしましたが、皆さんも、冬至にはかぼちゃを食べ、柚子湯に入って体を温め、元気に年末を過ごしましょう!!

食ごころ

TEL:0265-98-7048

FAX:0265-98-7148

Loading